2017年09月06日

きみ諦めることなかれ 御徒町鳩



アイドルグループメンバーの男子とお笑い芸人女子の芸能界恋愛もの。
お笑い芸人ののぶ子は、女優とお笑い芸人の娘で幼少期からお笑い芸人として芸能界で活躍している女子。
一方現在人気アイドルグループのメンバー隼人は、
幼少期にテレビに出ているのぶ子に一目惚れしてのぶ子会いたさに芸能入りした経緯がある。
ふたりはお互い高校生になり同じ高校の芸能科に通う。
そして隼人はのぶ子に告白するが、のぶ子は恋愛方面に免疫がなく戸惑うというのが恋愛面の展開。
隼人は幼少期からのぶ子への思いはブレない、一方のぶ子は幼少期から芸能界にいるので仕事方面では
芯が通った大人なのだが、恋愛方面はとんと疎く、また隼人が人気アイドルということもあり
ともだちのままで・・と望むが・・みたいな。
芸能人同士の恋愛ものというより、芸能界における恋愛のあり方の話といったほうがいいような・・。
隼人がのぶ子に笑いをとれるアイドルの指南を受ける話とか、
隼人のグループのメンバーのひとりに恋人が発覚しメンバーの進退に発展した話とか、
隼人とのぶ子の恋愛展開よりも、ふたりを含めた登場人物すべての思うところや
芸能界のあれこれなエピソードのほうが多かったように思う。
特に隼人とのぶ子の共通の友人で実は隼人が好きなモデル女子の立ち位置設定が微妙。
もっと話が続けばこの子関連の突っ込んだエピソードも
あったかもしれなさそうなのだがいろんな意味で中途半端すぎる。
総じていいお話だったのだがもうちょっと長いスパンで描いてほしかった気がする。
恋愛ものなのにのぶ子視点のエピソードが少ない気がしたが、
あとがきで隼人が物語のヒロイン、と書かれていてものすごくしっくりきた。

御徒町鳩
ヤングジャンプコミックス / 集英社
ジャンル:青年・恋愛 / 好み度:★★★☆☆
posted by 日暮 at 19:17| Comment(0) | タイトルか行