2018年02月03日

性別がどうした!! さっちゃん

性別がどうした!! (ZERO-SUMコミックス)
さっちゃん
発売日:2016-12-24



一目惚れした相手は学ランを着た男子でした。
同じ学校で一目惚れした相手が男と認識しても
キラキラとまぶしく妄想が止まらない主人公男子。
そんな主人公の妄想ハイテンションコメディ。
相手の美少年も出会い頭に自分の性別を確認させるために
触らせるある意味男前なキャラ。まああとで照れてるけども(笑)
男子が男子に惚れる展開だがBLではないラインのコメディ。
ふたりの掛け合いの突き抜けたテンションが見所か。
振り幅がわりと大きいので好みは別れるかも?
絵はまあ可愛い。

さっちゃん
ゼロサムコミックス全1巻 / 一迅社
ジャンル:少女・コメディ / 好み度:★★☆☆☆
posted by 日暮 at 00:00| Comment(0) | 漫画感想

2018年02月02日

なんくる さだうおじ



日本最西端の離島を舞台に、都会から来た少年1人と地元の少年たち3人の
少年達による少年達視点のスローライフな日常を描いたお話。
一時期良く出ていた、田舎とくに南の島のゆっくりとした生活環境を描いている。
よく遊びよくサボりよくダラッとする日常。いい・・・(笑)
突出した事件があるでなく盛り上がりもないゆるっとした話なのだが
なんとなくゆるっと読み切ってしまう魅力がある。
絵が好みってのもあるけど、何気ない描写が秀逸だなと思う。
ゆっくりとした生活ペースに慣れない都会ッ子のツッコミがまあいいアクセントに
なっている。

さだうおじ
MFコミックス ジーンシリーズ全3巻 / メディアファクトリー
ジャンル:少女・ドラマ / 好み度:★★★☆☆
posted by 日暮 at 00:00| Comment(0) | 漫画感想

2018年02月01日

さよならハルメギド きづきあきら・サトウナンキ



1989年の日本を舞台にしたこどもたちの日常の物語。
主人公の男子小学生は、母子寮に暮らす。
両親の離婚は自分が原因と思い込み、いつか両親に仲直りをして欲しいと思っている。
そんな中、ある青年が少年の母の前に現れる。
その青年が母の新しい彼氏であり主人公の実父疑惑もでてくる。
母子寮に住む家庭の事情や他の児童の主人公に向ける感情など複雑かつ
1989年は経験した者としてはそれなりに懐かしみはあるが
シビアな面が如実に出ているという印象が強い。
いろんな意味で大らかでもあり、容赦のない面もあり・・。
こどもにとっては大人の事情なんて知ったこっちゃないが
どうしようもない、というもどかしさがわりときつい。
幕間には当時の世相や流行のネタがある。

きづき あきら・サトウ ナンキ
アクションコミックス全3巻 / 双葉社
ジャンル:青年・ドラマ / 好み度:★★★☆☆
posted by 日暮 at 00:00| Comment(0) | 漫画感想

2017年11月18日

野村24時 板倉梓



生い立ちから不幸続き、リストラされるわ連帯保証人になっていた借金を肩代わりする羽目になるわな、
冴えないおじさんサラリーマンが、美人三姉妹の家に番犬代わりに居候することになるという4コマ漫画。
居候先の家は長女はおっとりだが毒もある社会人、ツンツン女子高生の次女、天真爛漫な小学生の三女の三人暮らし。
シチュエーション的にはハーレム状態ぽいが、
状況が状況だけに地味に虐げられているというかdisられるというかな日々。
ついてないこと続きと状況の三十路サラリーマンが不憫ではある。
だがサラリーマンのそれまでの人生が人生だけにdisられているほうが楽という・・。
あと達観してるところも多々あり、なんかしんみりするよ。
著者らしい世知辛いネタの中に、ほっこりするエピソードの挟み込むタイミングが巧いと思う。
ところでこの話はジャンル的にラブコメでいいのだろうか。

バンブーコミックス 4コマセレクション全3巻 / 竹書房
ジャンル:4コマ・ラブコメ / 好み度:★★★☆☆
posted by 日暮 at 00:00| Comment(0) | 漫画感想

2017年11月17日

夜さんぽ 木村いこ



自律神経を壊し不安障害になり外に出られなくなったイラストレーター兼漫画家の著者。
体重が増加のため、できる運動は・・ということで夜のウオーキングをすることになる。
同居人であり相方の男性を付き添いに、夜の散歩で著者(たまに相方)が見る情景を
描いたエッセイもの。
不安障害を抱えている著者の話だが、医学的な見解などはなく、
(病を得たことによる感覚の弊害の描写はあるけども)
著者当人が見たり聞いたり感じたりしたことを淡々とかつ叙情的に描かれている。
ちょっとだけ辛い印象を受ける主題ではあるが、
牧歌的でほんわかとした絵柄と作風は変わらず、
ゆっくりとした気持ちで堪能出来る内容だった。
相方さんと著者のやりとりが微笑ましく、いいコンビだなと思う。
相方さん視点の話もしんみりとした。
個人的に、夜のひっそりとした町を歩くのってちょっと冒険的な心持ちになる
ことがあり、その点で共感をひしと感じた一作だった。

木村いこ
リュウコミックス全1巻/ 徳間書店
ジャンル:エッセイ / 好み度:★★★★☆
posted by 日暮 at 15:29| Comment(0) | 漫画感想